原状回復とは『借りた状態に戻す』ことではありません

サイトマップ

敷金返還トラブルが絶えないため、民法が改正されることになりました。

退去を決めたら

契約書 就職や転勤などの事情により、住み慣れた部屋を出ていくことになりました。 退去を決めたら、まず仲介不動産屋を通じて賃貸人(大家)に 『退去する』 旨を、 通告する必要があります。

賃貸借契約書にたいてい記載されているのですが、『退去する』 旨の通告は、 退去日の1ヶ月前に 仲介不動産屋を通じて賃貸人(大家)に、伝えなくてはなりません。

なぜ、退去する1ヶ月前に伝えければいけないのでしょうか? それは空室になってしまうと、賃貸人(大家)も家賃収入が無くなり、困ってしまうからです。 そのため、退去の1ヶ月前から新たな入居者の募集をかけて、空室の期間をできるだけ短くしたいのが 賃貸人(大家)の考えです。

逆に1ヶ月前に 『退去する』 旨を伝えずに、いきなり退去した場合は、1か月分の 家賃を敷金から差し引かれる場合があります。 このことは賃貸借契約書にも記載があると思いますので、注意が必要です。

片付け・引っ越し

荷物 『退去する』 旨を仲介不動産屋を通じて、賃貸人(大家)に伝えたなら、いよいよ部屋の片付けです。 皆さんもご経験があると思いますが、荷物が少ないのであれば自分で荷造りして、引っ越しとなります。

また荷物が多いのであれば、引っ越 し業者に頼んだ方が、時間と労力が軽減されます。 ただし、その分お金が掛かります。転勤などでは、引っ越 し費用が経費で落とせる場合がありますので、 引っ越し業者に依頼した方が得策といえます。

清 掃

清掃 引っ越しで荷物が運び出され、部屋の中が空っぽになりました。そこで 『今までお世話になりました』 という 感謝の意味を込めて、簡単な清掃をすることは賃借人としての マナーといえます。

清掃をしておくのと、清掃をしておかないのでは賃貸人(大家)の印象が変わってきます。 清掃をしておかないと、敷金から清掃代等が差し引かれる場合がありますので、 注意しておいてください。

また部屋の中には、荷物が何もない、空っぽの状態にしてください。 要らないからといって荷物を部屋に放置しておくと、 その荷物の処分費を敷金から差し引かれることになります。 部屋を借りるときには、荷物が全く何もない空っぽの状態でしたので、部屋を返す時も荷物が全く何もない 空っぽの状態で退去してください。

inserted by FC2 system