原状回復とは『借りた状態に戻す』ことではありません

サイトマップ

敷金返還トラブルが絶えないため、民法が改正されることになりました。

原状回復工事に関わる問題

アパート 賃貸人(大家)としては、次の入居者を確保するために、ある程度の補修工事と内装・設備等のグレード アップの工事を行わざるをえません。そうしないと、次に借りてくれる人がいないからです。

賃貸人(大家)の中には、これらの全ての工事が原状回復工事と、誤った解釈をされている方がおられ、 賃借人に工事費を請求しているケースもみられます。

全てを賃借人から徴収

壁紙 賃貸人(大家)の中には、『通常の使用による損耗は建物の償却であり、 家賃に含まれている』 という認識がない方がおられます。今までは、それでも良かったかもしれませんが、 もう時代が変わったのです。賃貸人(大家)も、早急に認識を新たにしていただきたいものです。

賃料を支払って家屋(部屋)を使用する場合には、そこで生活する権利が、契約によって認められています。 その反対給付として賃料を支払っているので、『通常の生活』 から生じる家屋(部屋)の損耗については、 賃借人は責任を負わないとするのが、もはや一般的となっています。

工事個所のギャップ

クロス クロス等の張替えは、一部分の損耗であっても部屋単位で施工しないと、 色ムラが発生してしまう場合が あります。損耗部分はわずかでも、補修工事費が増えることになります。

この場合に、その費用負担をめぐって、賃貸人(大家)と賃借人とでトラブルになるケースがみられます。 損耗が賃借人の故意・過失に基づく場合には、賃借人がその修繕費用を負担することになりますが、それは 損耗した一部分に限ります。

それ以外の部分は、賃貸人(大家)の費用負担とすべきと考えます。 部屋単位でのクロス張替えとなると、明らかに次の入居者確保のための、グレードアップと見なされるためです。

inserted by FC2 system