原状回復とは『借りた状態に戻す』ことではありません

サイトマップ

敷金返還トラブルが絶えないため、民法が改正されることになりました。

クリーニング

キッチン ■全体のハウスクリーニング(専門業者による)
【考え方】賃借人が通常の清掃(具体的には、ゴミの撤去、掃き掃除、拭き掃除、水廻り、換気扇、 レンジ廻りの油汚れの除去等)を実施している場合は、次の入居者を確保するためのものといえます。 したがって、賃貸人(大家)の負担とするのが妥当と考えます。

賃料を支払って家屋(部屋)を使用する場合には、そこで生活する権利が、契約によって認められています。 その反対給付として賃料を支払っているので、『通常の生活』から 生じる家屋(部屋)の損耗については、賃借人は責任を負わないとするのが、もはや一般的となっています。

カギ

鍵 ■鍵の取替え(破損や鍵紛失がない場合)
【考え方】入居者が入れ替わるときの、物件管理上の問題といえます。 したがって、賃貸人(大家)の負担とするのが妥当と考えます。

設 備

浴槽 ■浴槽、風呂釜等の取り替え(壊れてはいないが、次の入居者確保のために行うもの)
【考え方】壊れてはいないが、次の入居者確保のために行うものであれば、物件の維持管理上の問題といえます。 したがって、賃貸人(大家)の負担とするのが妥当と考えます。

次の入居者を確保するためには、浴槽・風呂釜等の取り替えが必要・・・これは賃貸人(大家)の都合で、 賃借人には関係ありません。次の入居者確保のための、 グレードアップ工事は賃貸人(大家)の費用負担で行うことが、 もはや一般的となっています。

inserted by FC2 system